バイアグラの概要

ED治療薬品 通販

バイアグラとは

バイアグラとは世界初のED(勃起不全)治療薬としてアメリカのファイザー社によって製造、販売されたお薬です。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、元は狭心症の治療薬として研究されていました。しかし、臨床試験をしている中で治験者から勃起力を高める働きがあるという報告を受け、世界で初めてED治療薬として開発されたのです。 アメリカでは1998年の2月に販売され、その後日本でも厚労省の認可を取得し、1993年3月に販売を開始しました。


バイアグラの作用は

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害剤に分類されます。 男性の体内では性的刺激を受けた際に、cGMP(環状グアノシン一リン酸)という成分が分泌されます。このcGMPにはペニスの血管を拡張させ、勃起を促す働きがあります。

一方で、このcGMPを分解して勃起を抑える作用のある成分がPDE5(ホスホジエステラーゼ5)と呼ばれるものです。

シルデナフィルは、このPDE5の働きを阻害することで勃起状態を維持することをサポートします。

バイアグラ自体に媚薬作用はないので、実際に効果を感じるには外部からの性的刺激を与える必要があります。


バイアグラのジェネリック

ファイザー社が所有するバイアグラの特許は2014年5月に満了となりました。特許満了後、日本国内でもすぐに、東和薬品株式会社や株式会社陽進堂など10社からからバイアグラのジェネリック医薬品が販売されました。

ジェネリック医薬品はいずれも厚生労働省の基準をクリアしているため、安全に服用することができます。また、ジェネリック医薬品であってもバイアグラと同じ有効成分を含有しているため、同じ効果を得ることができます。ジェネリック医薬品は開発費用がかかっていないため、安く購入することができるのが特徴です。

国内で製造されているバイアグラのジェネリック医薬品は薬局では販売されていないため、病院で処方してもらう必要があります。

さらに、オリジナルのバイアグラを販売しているファイザー社も、2016年に水なしで服用することができるフィルムタイプのバイアグラの販売を開始しました。フィルム状であると、財布やポケットなどに入れて持ち運びがしやすいため、近年人気を集めています。


バイアグラの購入方法

①病院での処方

バイアグラを購入する最も一般的な方法は、病院で処方してもらうことです。病院で予約をして簡単な問診をするだけで処方箋を出してもらうことができます。問診では実際に性器を見せるようなことはないので、安心しましょう。一度処方箋を出してもらえば、2度目以降は問診なしでバイアグラを処方してもらえるようになります。


②通販での購入

通販でもバイアグラを購入することが可能です。通販では海外で流通しているバイアグラのジェネリック医薬品も購入することができ、病院で処方してもらうよりも安くバイアグラを手に入れることができるのが特徴です。

また、国外で製造されているものであっても同じくシルデナフィルを有効成分としているため、国内で流通しているものと同じ効果を得ることができます。

ただし、海外で流通しているバイアグラは外国人向けに製造されているため、シルデナフィル100mgのものが多くあります。日本で認可されている規格は25mgと50mgの2種類のみで、日本人の体型でこの用量を超えたバイアグラを服用することは重度な副作用の原因となることがあります。そのため、100mgを購入した際は、ピルカッターで半分、または4分の1のサイズに割って服用するようにしましょう。


③個人輸入代行サービスの利用

個人輸入代行サービスとは、海外のお薬を輸入して、自宅まで発送してくれるサービスのことです。現地の言葉がわからなくてもお薬を輸入することができることや、関税の手続きを代行してくれることなどから、近年利用する人が増えています。有名なものには、インポートエージェンシーなどがあります。



>>バイアグラの通販はこちら



バイアグラはインポートメディカルストアーで販売してます。

バイアグラの通販